愛情を冷ましてしまうその一言

幸せになろうと結婚したのだから、いつまでも愛情を感じていたい。
それなのに、ある日突然、パートナーの態度が変わってしまった。
もしかしたら、その原因は「たった一言」にあったのかもしれません。

パートナーの心を決定的に傷つけてしまう「たった一言」

つい口がすべってしまった。
まさかそこまで傷つくとは思わなかった。

あなたは、知らないうちに、その言葉を使っていないでしょうか。
一方、言われたほうは、なかなか忘れることができないのです。

男女で違いがある傷つく言葉

そして、男性と女性では、傷つく言葉が違います。
その違いを知っていると、パートナーを決定的に傷つけ、愛情が冷めてしまう事態を避けることができるかもしれません。

傷つけられた男性は
心の中では、「男としてのプライドが傷つけられた」と思っています。
しかしながら、多くの男性はそれをパートナーに伝えるのが苦手です。

なぜなら
「そんなことを言われたぐらいで、いちいち傷つくなんて男らしくない」
と自分で抑えて我慢しようとするからです。

そして、傷ついていることを自覚しないまま、無意識にパートナーに対する不満をためこんでしまいます。

言ってしまった女性も気づかないままです。
そして、気づいたときには手遅れ…となってしまうことも。

では、どんなことを男性に言ってはいけないのでしょうか?

男性に言ってはいけない言葉とは

男性は、パフォーマンスに関わることに対する言葉に傷つきます。

たとえば、収入や地位、セックスに対する評価、何ができるできないという能力について。

こうしたものに関して
・責められる
・人と比較される
ことは、男としてのプライドが保てません。

傷つき、怒りを感じ、それを言ったパートナーに対して強く不信感を抱きます。

「給料が安い」
「結婚したのは失敗だった」
「昔の彼のセックスのほうがよかった」

このような言葉は、男性を決定的に傷つけてしまいます。

では、女性はどのような言葉に傷つくのでしょうか?

女性に言ってはいけない言葉

女性は
・自分と相手のつながりが感じられないこと
・拒否されたり関心を持たれていないと感じること
に傷つきます。

パートナーが共感的に話を聞いてくれないという不満を持つ女性は多いです。

「そんなこと自分で考えろよ」
「グチグチ言わないで、結局どうしたいわけ?」

こう言われた女性は、突き放されたような気持ちになります。

そして、毎日の服装や食事の工夫などのちょっとした変化に対して、コメントが無いこと。

それは、女性にとって存在を認められていないことで、自尊心が傷つけられることになります。

それが繰り返されると、次第に愛情が冷めてしまうのです。

ストレス状態のときこそ、要注意

いかがだったでしょうか。
男性が傷つく言葉と女性が傷つく言葉の違い。

そして、傷つけてしまう言葉をつい口にするのは
強いストレスを感じているとき。

そんなとき理性が働かなくなります。

それでも、決定的にパートナーを追い詰めない。

その思いやりこそが、愛情を保つ秘訣なのかもしれません。

パートナーを決定的に傷つけたかもしれないと思っている方は
こちらを御覧ください。

なぜ、夫婦で心理カウンセリングを受けるのか◀

個別相談の流れはこちらから◀

投稿者プロフィール

山口 晃歓
山口 晃歓
一般社団法人メンタルヘルス協会上級心理カウンセラー
キャリアコンサルタント(国家資格)登録番号20004934
AFP(日本FP協会認定)会員番号60180826
日本マイブレス協会認定ブレスプレゼンター
第二種電気工事士