熟年夫婦喧嘩のNGワード

こんなはずじゃなかった…

「夫婦やり直し」関連記事はココをクリック

私は、綾小路きみまろさんの爆笑トークのCDを聞きながら、大笑いするのが好きです。

「あれから40年‥‥‥」
「あのころは良かった‥‥‥」
「こんなはずじゃなかった‥‥‥」

爆笑トークでは、たびたびこのようなフレーズがきます(笑)

結婚生活も20年30年40年‥‥

どんな円満夫婦であっても、夫婦の歴史が年輪のように厚みを増し、重厚になればなるほど、腹が立つこと、うらみに思う年輪は厚みを増してゆくものです。

「愛憎」とはよく言ったもので、愛情が深ければ深いほど、裏切られたと感じたときの「憎悪」も深くなる。

そして、言い放ちたくなる恨みの言葉は

「あんたなんかと結婚した私がバカだった!!」

「こんなはずじゃなかったのに!」

「これまでの時間を返せ!!」

とこんなふう……。お~~こわ。

誰にでも「恨むこと」のひとつはあるもの

全くうらみつらみのない夫婦なんて、いないのではないでしょうか?

だって、夫婦ですもの。

熟年夫婦ともなれば、あなたがあなたの親と過ごした時間よりも長い時間、夫婦として共に過ごしてきたのだから、きっと大小いろいろなことがあったことでしょう。

だから、「そんなこともあるよね…」と思って良いのです。

ただ、気をつけてほしいのは、その恨みを我慢し、あなたの中でその感情をなかったことにしている場合、かなり危険です。

夫婦の歴史が長ければ長いほど、我慢ができなくなった時のけんかはちょっとヤバい!

これまでの円満夫婦が手のひらを返したように、強烈に反目しあうこともあるのです。

愛情が深ければ、憎しみも深くなる……のです。

夫婦喧嘩は良いこと?

50代・60代の熟年夫婦の喧嘩は、熟年離婚へ発展しやすいですからご注意を!

波風たてないようにと考え、我慢するのはほどほどにしましょう。

相手に対する不満やうらみつらみは、その時その時に小出しにしてその都度解決しておいたほうが良いと思っています。

我慢しても、なかったことにしたとしても、その感情はなくなりません。

あなたの中に、蓄積し悪さをします。

上手に小出しにして、夫婦けんかする方がよいと思います。

その場合、相手の存在や自尊心を傷つけないように喧嘩しましょう。

夫婦喧嘩にもルールは必要

夫婦喧嘩するにあたって、致命的にならないようにするにはどうすればいいでしょうか?

「そんなつもりで言ったわけではない!」

という思いで放ったその一言が、どうにもならない大火事になってしまうことがあります。

あなたにも心当たりがありませんか?

若い頃の私はあります。家事と育児、2年おきにやってくる転勤……

慣れない土地への転勤はほんとに大変で、いつもイライラしていて、仕事の帰りが遅い夫に、不満をぶつけて、言わなくてもいいようなことをついつい口にし、夫に不快な思いをさせたものです。

イライラにまかせて、夫が傷つくようなことも言ったと思います(汗)

40年余りのわが家の結婚の歴史で思うことは~

夫婦喧嘩にも一定のルールは必要です。

どんなに腹立たしいことがあっても、イライラしていたとしても…

相手の自尊心が傷つくようなことや人格や存在を否定するようなことは、絶対に言ってはいけませんね。

たとえ夫婦でも言ってはいけない!

熟年夫婦げんかで、「言ってはいけないNGワード」それは

  • 稼ぎが悪い(特に夫へ)
  • 男のくせに・女のくせに
  • 〇〇さんのご主人(奥さん)は▲▲なのに、あなたは‥‥
  • どうせ〇〇に決まっている
  • 普通は〇〇だ
  • いつも〇〇
  • そんな大学(学歴)だから‥
  • この前もそう‥
  • もとはと言えば‥
  • どうせそう言うと思ってた
  • 人として最低
  • 身体的(身長・容姿・髪)なことへの批判・指摘

感情的になった勢いで、ついつい口を突いて出てしまいそうですが、もしも夫婦仲を破壊したくないなら、NGワードは口に出さないように肝に命じておきましょう。

末永く幸せでいるために……

関連記事「価値観の違いでパートナーにイライラする」はここをクリック◀

関連記事「愛情を冷ましてしまうその一言」はここをクリック◀

投稿者プロフィール

山口 祐里慧
山口 祐里慧
夫婦・離婚問題カウンセラー
一般社団法人メンタルヘルス協会上級心理カウンセラー
日本心理学会認定心理士
アンガーコントロールスペシャリスト
マインドフルネススペシャリスト
キャリアトランプファシリテーター
栄養士