自信を取り戻す!!

目次

  1. 私は自信がない
  2. 能力が高い人ほど自分に自信がない
  3. 「自信」にも種類がある
  4. 自己肯定感
  5. 自己効力感
  6. 自尊心
  7. どの「自信」が欠如しているのか?
  8. 生まれた時は自信があった
  9. 自信を取り戻す鍵
  10. あなたの自信を邪魔する「禁止令」
  11. 大丈夫!自信は取り戻せる

私は自信がない

学歴も職業も結婚相手に於いても、きっと私のような者は世間的から見ると、きっと「うらやましい」と思われるだろう。

でも、本当はそうじゃないのに。

こんなこと言っても誰も信じてくれないし、誰にも言えないけれど

「私は自信がない」

これは、カウンセリングの場で、相談者の方がよく口にすることです。

子どもの頃からお勉強の成績も良くて、それなりの職業につき、周りから尊敬されるような役割を担っている。

そのような状況なのに

「実は自信がない」とおっしゃる。

私が心理カウンセラーとして新米の頃は、このような方々から「自信がない」と聞き、少なからず驚いたものです。

能力が高い人ほど
自分に自信がないという事実

セブンラボ的独自の統計では、会社経営者、医師、教師などの職業の方や、会社員でそれなりの役職がある人などが、自信のなさを語ってくださいます。

これらの方々の共通点は、能力があり努力家であるということ。

勉強熱心で、行動力があり、向上心も持ち合わせており、目的達成能力も高い。

そして、自分の人生に責任をもち、目標に向かって生きているし、現実に達成しているのです。

少なくとも、はたからはそう見える。

それなのに、なぜ?自信がないのでしょうか?

「自信」には種類がある

自己肯定感

自己肯定感とは、文字のごとく、「自己」つまり自分のことを、一切否定せず、あるがままで認め、肯定する感覚のこと。

他者と比較することなく、そのままの自分を認め尊重し、自分にはそのままで価値があると感じることができる心の状態をいいます。

「あるがまま」で良いのだ…ということですね。

自己肯定感は、夫婦や家族、また、仕事などあらゆる人間関係に影響を及ぼします。

人生に於いて、幸福感や充実感を感じながら、自信を持って人生を送るために必要な大切な感覚です。

自己効力感

自己効力感とは、自分は「やればできる」という感覚のことです。

自己効力感が高い人は、

「自分ならうまくやれる」

「やればできるはず」

という感覚があり、なにか行動しようとするとき、目標に向かってスムーズに行動することができるでしょう。

目標達成の可能性について不安が少なく、自分の行動は「達成に対して効力を発揮できる」だろうという自信につながっています。

自尊心

自分の人格を大切にする気持ちです。

自分の考えや価値観、言動に自信をもち、他からの干渉に対して境界線を引き、自分を尊重する気持ちです。

なので、自尊心は自信と関連しているのです。

どの「自信」が欠如しているのか?


先に上げた3つのカテゴリーの、どの部分で自信がないのか、自分の内面を見つめてみることが大切です。

●他と比較して自分が劣っている感覚というのは、自己肯定感が低い状態。

●何か成し遂げたいけれど、自分はできないような、やっても無駄だと思うような感覚は、自己効力感が欠如している状態。

●自分の価値観や考えなどを横に置き、他からの干渉に簡単に影響を受け、他を優先してしまうような状態は、自尊心が低い状態。

ひと言で、「自信がない」といっても、カテゴリーがわかれているようです。

あなたはいかがでしょうか?

あなたの自信は、どのカテゴリーの自信でしょうか?

生まれた時は自信があった

生まれた赤ちゃんが「自信がない」などということはないでしょう。

自信が有るとか、無いとか…赤ちゃんにそのような概念はないはずです。

だって、赤ちゃん自身が、自分と他の誰かとを比べて「自分はダメで自信がない」と思うことはないはずです。

生まれた時には自信があったなら、あなたが自信がなくなってしまったのは、いつ頃はじまったのでしょう?

自信を取り戻す鍵

私たちは生まれて育つ過程で、環境から取り入れた情報をもとに、「自分という存在がどのような存在なのか」を学習してゆきます。

子どもにとって、身近で影響力の強い情報の発信源は【養育者】です。

つまり、多くの場合、生み育ててくれる【両親】がそれに当たるでしょう。

カウンセリング受けた方々の多くは、親との関係で自信をなくしてしまうような経験をしていました。

自信を持てるようなるためのカウンセリングは、幼少期の親子関係を振り返ってゆきます。

それが、これまでの人生の途中で、失くしてしまった「自信」を「根っこから取り戻す鍵」となるのです。

あなたの自信を邪魔する「禁止令」

自分に自信がない人たちには、【心のブレーキ】が働いています。

心理学(交流分析)では、この心のブレーキのことを【禁止令】と名付けています。

あなたの行動を制限し、人生を息苦しくして、夫婦、親子、社会での人間関係も制限している【心の働き】です。

大丈夫!自信は取り戻せる

あなたが自信を持つことを邪魔しているものの正体がわかれば、後は大丈夫!!

心の仕組み理論に沿って、もともと持っていた「自己肯定感」「自己効力感」「自尊心」を取り戻してゆくことは可能です。

本来持っていたはずの「自信」を取り戻して、あなたらしい人生を送ることができるように取り組みましょう!!

画像をアップロード

セブンラボ

福岡県福岡市博多区博多駅前
(カウンセリングルームの場所詳細はご予約確定時にお伝えいたします)
☎ 090-2713-2432
お電話受付時間:平日9時~20時
※お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。